乳首が黒ずむメカニズム - ホスピピュアの効果Navi

ホスピピュアの効果Navi > 乳首が黒ずむメカニズム
ホスピピュアの効果Navi

乳首が黒ずむメカニズム

乳首の黒ずみを気にしている女性は多いと思いますが、そもそも乳首が黒ずむメカニズムはどのようになっているのでしょうか?
ここでは実際に専門家から聞いた話をもとにして、なぜ乳首が黒ずむのか解説していきたいと思います。

まずはじめに乳首が黒ずむのはメラニンの色素沈着が原因で、乳首やデリケートゾーンがもともとメラニンの生成が活発に行われている部位なのでちょっとした刺激でも黒ずみになりやすいのです。
なぜ乳首やデリケートゾーンはメラニンが活発に生成されるのかというと、メラニンは真皮を守るために生成されるため必然的に刺激に弱い部分で活性するのです。

また同じ日本人でも黒ずみになりやすい人とそうでない人がいて、なりにくい人の特徴として白人に近い肌質を持っている人があげられます。
たとえば日焼けをしても赤くなるだけで色の変化がない人はもともとメラニンの生成が活発ではないので黒ずみになりにくいです。
日本人で一番多いのは日焼けした直後は赤くなり、徐々に色が変化していくケースでこういった人は先ほど紹介したような肌質の人よりも黒ずみになりやすいです。
さらにもともと肌が黒めで日焼けしても赤くならない人はそれよりも黒ずみになりやすいです。

しかしこれはあくまでもなりやすいかなりにくいかの話ですから、必ずそうなるわけではありません。
一番いいのはきちんとしたケアを継続的に続けていくことで、紫外線対策はもちろん毎日のスキンケアや食事などにも気を配ってほしいと思います。
それができればメラニンの生成が活発な人でも黒ずみを改善できる可能性は高まるでしょう。

top